失恋すると下がる自己評価

ひどい失恋をした後に出会った人と結婚した。

という事がよくあります。

でも別に

神様が振られて可哀想な人に、次の相手との出会いをプレゼントしてくれた訳じゃないんですね。

理屈で説明すると

酷い振られ方をしたりすると、誰でも自尊心を傷つけられ自分に自信を無くします。

自分の価値を平均25%程度削るんですね。

昨日まで100円だと思っていた自分を、75円にダンピングするんです。

そこに80円の異性と出会う。

今までなら、断っていた80円の相手でも、時価75円の自分には相応しいと考えるようになり付き合い始める。

って事です。

下がった自己評価は適正?

でも、これって損していると思いますか?

実は損していないんです。

人間は誰でも、自分を誇大評価しているんですね。(もちろん私も)

その割り増し分が平均30%(私はもっと!)

つまり

本当は77円の自分を

30%水増しして

約100円だと考えていた。

振られたショックで

25%割引して

75円だと思うようになった。

という事です。

77円の人と出会ったらまだ2円得しています。2円は誤差の範囲でしょうから、ほぼ等価の釣り合った異性だと言えます。

適正価格で取引完了って事です。

良い悪いは抜きにしてそういう事実があります。

損してはいないでしょう?

そして、お互い釣り合った価値の2人の方が結婚後も末永く幸せを意識しながら過ごせるというデーターもあります。

失恋して得るものも多いのかも知れないですね。