紳士的な対応でマウント

私が朝新聞を取りに行くとき、同じマンションの人とすれ違うことが多くあります。

そんなときに私が心がけている事。

それは

先に挨拶することです。

「おはようございます」

と私が先に挨拶することで、私は

礼儀正しいジェントルマン

正義を愛し悪を憎む勇気の人

凶悪犯罪に1人立ち向かう街のタフガイ

という印象を相手に与えます。

これは

お見合いの時も同様なんですね。

笑顔で

穏やかに

はっきりと

礼儀正しく

挨拶することで、あなたは相手に対して優位に立てます。

マウントポジションを取る事ができるのですね。

マウントポジションとは自分を上に相手を下にした優位なポジションですが、お見合いの会話の中でとろうとすると縁は遠のきます。

見栄を張りすぎたり

自慢をしすぎたり

話を盛りすぎたりしてマウントをとっても、好意は芽生えません。

また例え、会話を上手に誘導して、巧みな技術でマウントをとったとしても、取られた方は苦しさを感じています。

相手に不快感を与えない、正しいマウントの取り方は

素敵な挨拶なんですね。

等と書きながら

朝の新聞とりの時に、後ろから挨拶されたりすると「くそっマウントとられた!」と思ったりはするんですけど・・・