ピンチを想定しておく

愛を告白する時に必要な事があります。

それは

うまくいった場合とダメになった場合の両方を考えるのです。

最初に両方のシュミレーションをしておくのです。

こうするだけで、あなたは結果にうろたえたりあわてたりする事がなくなります。

また、うまくいったらこうすると言う作戦があるのとないのとではその後の展開が全く違ったものになるのです。

不幸にもダメになった場合の事も考えておきましょう。

ダメになった場合の行動と考え方はそれぞれ1つしかありません。

ダメだった場合の行動は

潔く!武士は食わねど高楊枝。あなたは武士ではなくても武士らしく生きて下さい。

別れが潔ければ、今後に繋がります。

またダメだった場合の考え方も1つしかありません。

こいつよりいい女(いい男)なんて星の数ほどいるさ!

そう思って次の出会いに旅立つのです。

ニワトリのように3歩歩いて今の相手を忘れてしまいましょう。

一応付け加えますと、失恋は時間が解決します。

そして、その癒える時間を短縮するには次の恋に出会う事です。