交際スタート=恋人ではない

結婚相談所のお見合いは「好き」とか「愛してる」とかいう段階よりもはるか手前で交際をスタートします。

良い人そうだ。

とか

もう一度会ってお話してみよう。

というレベルでスタートするわけです。

この時点では相手も自分も他のお見合いや出会いを抱えている可能性も当然ありますしそれを束縛する権利もありません。

相手が他の方とのお見合いや交際をしている可能性がある訳です。

こちらの気持ちが高まれば、当然そんな状態は嫌ですし、阻止しなければなりません。

その為に、言質をとるのです。

付き合ってほしい。とか 好きです。とかそういう言葉が2人の間で交わされ合意があれば、そこから他の方とのお見合いなどはある意味「浮気」です。

堂々と他の異性との接触を束縛する権利が発生します。

そうやって他人を排除した2人だけの関係ができた瞬間から交際は安定飛行にはいります。

結婚相談所でいえば、ハートマークの真剣交際です。

この状態になれば、2人は結婚を前提とした恋人だと言えます。(結婚の確率も8割になります)

男性の場合の注意は、焦り過ぎないこと

女性の場合の注意は、のんびりしすぎないこと

男性は焦って最初のデートで強烈な告白したりしないことです。ある程度ポイントが貯まってからで十分です。

女性はのんびりしすぎないこと、そのうち彼の方から言ってくるなどと思わず、言わせるように仕向けるのです。 (方法はご相談ください)