感謝の言葉

事務所の近くの立ち食いソバで

ありがとうございました!

を言わない店員が1人いるんです。

別にふて腐れているとか、怒っているとか、偉そうにしているとかではなく、ただ、ありがとうございました!を言わないんです。それだけなのに

なんだか

凄く感じ悪いんですよ。

近所なんで、結構な頻度で行くんですが、一度も言わない。絶対言わない。誰に対しても言わない。

いつか奴の命救ってお礼言わせてやる!と思っていますがそんな日はこないでしょうね。

お見合いで男性がお茶をご馳走したケースでも、女性からのお礼がないと男性はがっかります。

女性が言いたくなくて言わない訳じゃないのはわかっています。

言ったのに騒音にかき消された。

タイミングを逃し言いそびれた。

ちょっぴり恥ずかしかった。

なんて事だろうとはわかっているんです。

でも、女性からのお礼が聞こえるまで、男性の耳は切ないダンボです。

10の投資をして、お礼0なら、次の投資を避けるようになります。

10の投資をして、お礼20なら、次はもっと頑張ろうと思うんです。

話は変わりますが

コンビニなんかで、何も買わずにお店を出る時にも、ありがとうございました!またどうぞお越しください!なんて声をかけられます。

あれ言われると、少し罪悪感を感じません?

そんな・・・何も買っていないのに・・・ありがとうなんて・・・

今度来たときは必ず買います!と思ってしまいませんか?

マニュアルで言っているだけでしょうし、全然、気持ちなんかこもっていないのもわかっているんですが、それでもお礼の言葉にはそれなりのパワーがあるんです。

お礼の言葉は一番パワーのある言葉だと思いません?