お見合いした相手と結婚の確率を知る方法

デート結婚相談所でお付き合いしてる2人が結婚する可能性は簡単に測れます。

豪華なプレゼントをくれたとか

美味しい食事をご馳走してくれたとか

メールに絵文字が多いとか

いつも自分を気遣ってくれるとか

将来の事を話してくれたとか

残念ながら、そういう部分ではないんですね。

結婚する可能性が一番正確にわかるのは

会う頻度が高いか低いか?

だけなんです。

2人が時間の許す限り会おうとするのであれば順調に結婚に向かっているでしょう。

会えるのに会おうと努力しないのであれば、結婚の可能性は低いでしょう。

そこだけなんですよね。

時間があれば会いたくなるような相手と、結婚しない理由は不倫等ではあっても結婚相談所では見つかりません。

ポイントはお見合いから2度目のデート

お見合いからお付き合いがスタートします。

最初のデートまで多少の時間が空いてしまうのは、仕方ない面もあります。

出会う事を想定せず、予定が組まれているのですから、そこは仕方ない。

既に旅行の予定を入れてしまっていたり、友達付き合いや習い事その他の先約がある事は許容しなくてはいけません。

でも、

そこから先

1度目から2度目。3度目のデートと大きく間隔が空くようでは、その交際は持続は可能でも進展は難しいんですね。

会う頻度と結婚の確率は完全に比例します。

そして、

自分がどれだけ譲歩しても、会う頻度の高くならない相手との交際を継続する事は多くの場合は無駄に終わります。

伝わらない相手には、努力する事は無駄です。

繋がらない縁を追いかけすぎないというのも婚活には必要な考えです。

注意してほしい事

デート注意注意点として

お見合いから1回目のデートまでに間隔が空くことに、強い不快感を示す人がいます。

気持ちはわかります。

でも、そこは我慢してください。

この時点で、相手にマイナスな気持ちを見せてはいけません。「楽しみにしている」というニュアンスのプラスの気持ちだけ伝えるようにしてください。

問題は、2回目のデートからです。

お見合いから1回目、1回目から2回目と同じように随分先になるようなら、こちらが日程を譲歩する提案をしてみましょう。

こちらが日程を譲歩しても、理解できる理由もなく日程の間隔が詰まらないようなら、結婚相談所としてはお別れする事を勧めます。

時間の無駄

を防ぐためです。

婚活において、歩み寄りのない相手にさく時間は無駄です。

相場の世界でも、「損切百両」とか言う言葉があります。

値が下がって損した時こそ、損が大きくならないうちに手じまいしましょう。って事です。

勝ち目の薄い戦いは、退散する事が結果としてトータルの勝ちにつながります。

脈のない相手を追いかける。

事が婚活を苦しくさせます。

脈があるかないか?は2度目のデートまでの間隔でわかります。

結婚する可能性が高いか低いかは、デートの頻度でわかります。

結局、行動に気持ちがあらわれます。